いるじゅらさの効果的な使い方は?使用量や使用期限まとめ!何か月もつのか?

いるじゅらさの効果的な使い方が知りたい!

いるじゅらさを使おうと思ってるけど
公式には無い、効果的な使い方を知りたい!と気になっている方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は

・いるじゅらさの使用量や使用期限
・いるじゅらさの正しい使い方や効果的な使い方
・いるじゅらさの間違った使い方

など使い方に特化して徹底的に調べてみました!

 

↓【1日72円】SNSで話題沸騰中↓

↑いつでも解約OK!最安値↑

 

 

いるじゅらさの使用量や使用期限は?何か月もつの?

いるじゅらさの一回の使用量と、使用期限などの一覧は下記

内容量 120g
朝の使用量 2g(1円玉サイズ)
夜の使用量 2g(1円玉サイズ)
一か月の使用量 120g
使用期限 調査中

いるじゅらさは朝晩の洗顔に使用して、1日の使用量は約4g

内容量が120gの為、上記の条件だと約1ヵ月は使えます!

一回の使用量が2gという事で思ったより少ない!と思った方もいると思いますが、実は十分な量なんです!
みんなが想像する以上に泡立ちがすごいです♪

下記の動画で2gの量と、実際にどれだけ泡立つかが分かります

1円玉サイズぐらいの量ですが、あっという間に手に収まらないほどの泡の量になりました。

この量であれば、顔だけでなく、肘や膝など気になる場所にそのまま使うにも十分な量です!

このいるじゅらさの濃密泡は16種類もの美容成分が入っているので、毛穴の汚れなどを浮かしてごっそりとれるんですよー!

いるじゅらさの正しい使い方は?朝と夜で使い方が違う?

いるじゅらさには正しい使い方があります!

泡の立て方から、朝と夜の使い方の違いについてもまとめていきます

いるじゅらさの正しい使い方:泡の立て方

まずは使用前の下準備(泡立て)ですが、手順は以下

1.ぬるま湯を桶等に張る
2.いるじゅらさを約2g出す
3.泡立てネットに、いるじゅらさを付ける
4.ぬるま湯にネット毎浸ける
5.ぬるま湯から取り出す
6.ネットをくるくる回すように泡立てる
7.ぬるま湯を足しながら泡立てる
8.泡に弾力が出てきたらネットから絞って泡を取り出す


泡立てるポイントとしては、空気を取り込むようにして混ぜる事です!
そうする事で、濃厚な泡ができます♪

では次は出来た濃密泡の朝と夜の使い方を解説していきます

いるじゅらさの正しい使い方:朝に使用

朝の使用方法の手順は下記

1.顔全体に泡を載せる
2.優しく指の腹で泡を転がす
3.丁寧にすすぐ(こすらない)
4、タオルを軽く叩くようにして水分を取る

 

朝は洗顔やクレンジングなどは不要で、そのままいるじゅらさを使用してOKです!

通常の洗顔と違って『こすらない』という所もポイントになります

いるじゅらさの正しい使い方:夜に使用

いるじゅらさの夜の使い方は下記

1.クレンジングで化粧を落とす
2.タオルで顔の水分をとる
3.顔全体に泡を載せる
4.優しく指の腹で泡を転がす
5.丁寧にすすぐ(こすらない)
6、タオルを軽く叩くようにして水分を取る

朝と違って、必ずクレンジングをしたあとにいるじゅらさを使うようにしましょう!

クレンジングだけで化粧が落ち切らないという方はW洗顔をしてから使用してもOK
ですが、いるじゅらさで十分汚れは落とせるので様子を見ながらW洗顔をするか検討してみて下さいね!

 

いるじゅらさの効果的な使い方を解説!

いるじゅらさを効果的に使う為のやり方やポイントをまとめていきます!

いるじゅらさの効果的な使い方:洗う順番に拘る

一番最初に洗うべき場所は

口回り!です

通称クマさんゾーン(鼻・鼻下・顎上)

顔の中で最も汚れがたまりやすい場所になるので、一番最初に洗うと効果的に汚れが落とせます!
あごのくぼみの部分は、舌で押し出すようにして洗うときれいに洗えます♪

 

いるじゅらさの効果的な使い方:Tゾーン(鼻)は泡パックをする

いるじゅらさは鼻の黒ズミが取れるという事がウリですが、それを最大限高めるために、泡パックがおすすめ

手順は下記

1.Tゾーン(鼻・鼻筋・おでこの中心)に泡を塗る
2.1~2分放置
3.ぬるま湯で洗い流す

泡パックは週に1回、気になった時にやるだけでOKです!
※毎日やる必要はない

通常にいるじゅらさを使った後に、さらに鼻パックをして頑固な汚れを落としていきましょう

いるじゅらさの効果的な使い方:温タオルでアフターケア

いるじゅらさの洗顔の後に、温タオルを使用する事も効果的です。

1.フェイスタオルをお湯につける
2.タオルを絞って水分を落とす(垂れてこない程度)
3.顔の上に温タオルを乗せて1分放置

温タオルで温める事によって、毛穴を緩め中の汚れを落としていきます

いるじゅらさ×温タオルのダブルの効果でスキンケアをしていくのが効果的です!

↓今なら80%オフ2178円(税込)の最安値↓

 

いるじゅらさの間違った使い方

では次は、いるじゅらさを使う際にやってはいけない使い方も紹介していきます!

いるじゅらさの間違った使い方:お湯の温度が適切ではない

泡を作る際のぬるま湯や、顔を洗い流す際のお湯の温度が低すぎる、高す過ぎると逆効果になる場合があります

そもそも洗顔に適した温度は32度
※理由は、毛穴から分泌されている皮脂が溶け始める温度が32度前後になるから

逆に32度前後以外になると下記のような影響を受ける可能性があります

冷たすぎる:毛穴が上手く開かず汚れが落ちない
熱すぎる:皮脂が落ちすぎて過剰分泌が起きて、結果毛穴が詰まる

奇麗な肌を保つためには、お湯の温度など細かい所にも気を使うべきなんですね

また32度は感覚値でいうと

・手で触ると冷たくも温かくもない
・顔に触れると少しひんやりしてる

といった具合です。
毎回温度を測るというのも手間なので、1度32度のぬるま湯を再現してみて感覚を覚えて使ってみて下さい!

いるじゅらさの間違った使い方:強く擦り過ぎてる

これは洗顔をする事全般に言えますが『こすりすぎない』という事は意識する必要があります。

強く擦り過ぎると顔の皮脂を取り過ぎてしまうという事が起きます。

では最適な力加減はというと

・肌が動かないぐらい
・豆腐をつぶさないぐらい

このような力加減が洗顔に最適です!

いるじゅらさの濃密泡は特に擦る必要はないので、顔をなでるぐらいの力加減で使いましょう

 

いるじゅらさの効果的な使い方まとめ

以上、いるじゅらさの正しい使い方や効果的な使い方でした!

洗顔は強く擦ればきれいに汚れが取れると勘違いしている人は多いですが、優しく包み込むように洗顔するのが効果的です!
いるじゅらさの濃密泡は美容成分がたくさん使われているので、顔に乗せるだけでも十分ですので意識して使っていきましょう

またいるじゅらさは最安値だと、今なら初回80%オフ(1日たった72円)で試せるみたいですので、売り切れになる前にチェック!

 

↓【1日72円】SNSで話題沸騰中↓

↑いつでも解約OK!最安値↑